若者支援全国協同連絡会と福島県ひきこもり支援センターが合同で開催する『これから求められる「支援」とは ~若者たちと、福島に必要な“支援”とは何かを一緒に考える~』(福島市)のお知らせです。

若者支援分野を研究されている宮本みち子氏を東京からお招きし、国内外の若者支援の現状についてお話いただきます。
ひきこもりや不登校状態の子ども・若者への支援の状況、社会の仕組み、県内外の実践事例などを踏まえつつ、福島で暮らす子どもたち、若者たちの “リアルな声” も聞きながら福島に必要な“支援”とは何かを一緒に考えてみませんか?

ひきこもりや不登校の子ども・若者、またそのご家族に関わっていらっしゃる支援者のみなさまのご参加をお待ちしております。

PDFアイコン

 

2016.01.22開催チラシ(PDF 223KB)

2016.01.22開催チラシ表面2016.01.22開催チラシ裏面

 

講師

宮本 みち子氏 (東京:放送大学副学長・教授)

対象

保健、福祉、医療、教育、警察等で支援業務に携わっている方など 定員100名

日時

平成28年1月22日(金)14:00~17:00(受付13:30~)

会場

福島市アクティブシニアセンター・アオウゼ(A・O・Z) 多目的ホール
〒960-8051 福島市曽根田町1番18号 MAXふくしま4階

参加費

無料

申込方法

参加を希望される方は、FAX、メール、電話にてお申込みください(詳細はチラシ裏面をご覧ください)
【申込期限 1月21日(木)まで】

主催

若者支援全国協同連絡会、福島県ひきこもり支援センター

運営

NPO法人ビーンズふくしま(第11回全国若者・ひきこもり協同実践交流会 福島大会 現地事務局)

セミナーに関するお問合せ先

担当者:七海(ななうみ)直通TEL:070-1203-7208
FAX:024-563-6223
Mail:info-hikikomori@beans-fukushima.or.jp